進化し続ける医療

上部消化官内視鏡検査について

内視鏡検査は主に消化器官の異常を発見させるために行なう検査になります。この検査では内視鏡と呼ばれる特殊な医療機器を中耳甲介や口腔から挿入して、食道、胃、十二指腸の検査を行なう上部消化器官の検査を行います。

下部消化管内視鏡検査について

内視鏡検査は上部消化管と下部消化管の2つの消化管検査に分かれています。上記で記した通り上部消化管は食道、胃、十二指腸になりますが、下部消化管は大腸と小腸の一部分の検査になるため、口腔や中耳甲介から内視鏡を通すのではなく肛門から検査を行います。肛門からの内視鏡検査に抵抗を示す人もいますが、京都には痛みのない内視鏡検査を行なっている肛門科も多数存在します。安心して大腸内視鏡検査を受けたいのであれば、痛みがないと評判の肛門科を口コミでチェックしてから、病院を決めると良いでしょう。

大腸内視鏡検査の検査方法

大腸内視鏡検査は通常の内視鏡検査とは異なり、口腔や中耳甲介を通さず肛門から内視鏡を挿入します。大腸は人体の中でも体の下側に位置しているので口や鼻を通すよりも肛門から通すほうが検査し易いのです。

カプセル大腸内視鏡検査について

カプセル大腸内視鏡検査ではカプセル上のレコーダーを服用することで従来の内視鏡検査のように異常を発見できる検査になります。また、この検査は内視鏡を肛門に挿入しないで済むため、痛みや羞恥心などもなくなります。

様々な内視鏡の種類について

内視鏡は検査する臓器や組織に対して様々なタイプが用意されています。腹腔鏡、脳内用スコープ、耳鼻咽喉スコープなどのタイプがあり、胃カメラで使用される内視鏡同様に映像をしっかりと映し出すことが出来ます。

カプセル大腸内視鏡検査の流れについて

検査前日の準備として行なうこと

カプセル大腸内視鏡検査を実施する前日では、腸内を検査しやすくするために夕食後は絶食し、下剤を服用します。絶食なので水を飲むことは可能です。その為下剤を服用する場合は水分補給をきちんとするようにしましょう。

検査当日の待合室、診察室での説明

検査当日、病院に来院したら、まず待合室で体温や血圧、体重測定を行います。次に待合室から診察室に移動して医師に本日の検査の内容やどのような流れで検査するのかの説明を受けてから、検査室に移ります。

カプセル大腸内視鏡検査の検査準備

カプセル式の内視鏡を記録するためにセンサーをお腹周り、胸、お尻の上側に貼り付けてから記録装置を肩から下げるようにします。検査準備としてはこれで終了し、適量の水でカプセル式の内視鏡を飲みます。

検査中に気をつけなければならないこと

カプセル式の内視鏡を服用した後は、内視鏡自体が大腸に届くように院内を軽く歩き回る必要があります。その場合、記録データに影響を出さないためにもMRIなどの強い磁気が発生しない場所を歩くようにしましょう。

検査終了の合図と結果報告の期間

院内を歩き回ることにより、体の内部を検査することが出来ます。状況に合わせて下剤を服用し、体からカプセルが排出されると検査は終了となります。また、検査結果は1、2週間程で報告されるでしょう。