内視鏡検査でわかる病気

内視鏡で見つける食道の病気

食道は喉から胃にかけての消化管になります。内視鏡検査では食道がん、食道ポリープ、逆流性食道炎といった病気を発見することができ、小さな腫瘍や細かな異常もしっかりと見つけることが出来ます。

胃から十二指腸にかけての病気

内視鏡検査で食道を通過すると胃と十二指腸の状態を調べることができ、潰瘍や胃炎、胃がんや悪性リンパ腫といった病気を調べることが出来ます。内部の状態はカメラによって医師が確認しているので見逃す心配はありません。

小腸、大腸の下部消化管の病気

大腸や小腸に関しては口や鼻から内視鏡を通さず、肛門からのアプローチを行います。食道や胃と同じようにポリープや腫瘍、ガンの発見が行えますが、それ以外でもクローン病の発見も可能になっています。

消化管以外での内視鏡検査の種類

内視鏡は消化管以外の臓器検査でも使用されます。耳鼻咽喉用、腹腔鏡、さらに脳内用スコープまで存在しています。それぞれ特定臓器専用に作られており、ガンや腫瘍の状態を診断することが可能です。