大腸検査が必要になる場合

大腸検査が必要になる年齢

大腸の異常は無症状の場合も多いため、人間ドックでも行われる便検査では見逃してしまう可能性があります。その為40代から50代の方は人間ドックに併せて一度内視鏡による大腸検査を行なうといいでしょう。

状態異常の傾向とそのサイン

大腸の異常は無症状が多いのですが、異常を起こす前の傾向やサインはあります。例えば下痢が数週間続く場合や便の太さが細くなってきている場合も異常の傾向になり、血便ならば危険なサインとなります。

検査でわかる大腸の病気の種類

大腸の検査では内視鏡やCT、カプセル式の内視鏡で検査を行います。しかし、検査方法によって見つけやすい病気の種類も変わってくるので注意が必要になりますが、内視鏡であればどの病気にも対応しやすいです。

内視鏡による大腸検査のメリット

内視鏡を用いた大腸検査は医師の操作により状態を把握することが出来るので病気の早期発見も行いやすいです。また50代を過ぎるとガンの発生率も上昇するため、大腸ガンやポリープの早期発見として効果的です。